お知らせ
肌がきれいなので満足をする女性

シミやシワのない白い肌はキレイに見えるだけでなく、実年齢より若く見えるというメリットもあります。ハイドロキノンは美白の有効成分として知られており、シミを薄くしたり予防するといった効果が期待できます。

これを使いたいという方のために、その効果や選び方、注意点なども確認しておきましょう。『肌のシミは老けて見える』ため、『美白効果』があって『肌をキレイにする』ハイドロキノンを使ってみるのがおすすめです。白い肌なら若く見られるようになります。

ハイドロキノンは肌の漂白剤

ハイドロキノンは非常に美白作用が高いため、肌の漂白剤と言われることがあります。しかし、その使用方法についてよく分からないという人もいるでしょう。間違った使い方をするとシミなどのトラブルが発生してしまうこともあります。

この薬品は皮膚科やクリニックなどでも処方されており、とても有名な医薬品となっています。正しい方法で使用すれば効果の持続期間も長くなりますし、シミだけでなく肝斑にも効果が期待できます。

この成分は、シミを形成するメラニンの生成を抑えることができますし、メラニンを生成する細胞自体も減少することができます。シワへの効果はありませんが、その美白効果はビタミンCの10倍以上と言われています。

ポイントは洗顔後の清潔な肌に使用することがベストです。もちろん洗顔をしたらスキンケアも欠かせません。1日2回使用することになりますが、洗顔をして20分程度経ってから使った方が良いでしょう。洗顔後すぐに使った場合、肌に成分が吸収されすぎてしまう可能性があるからです。

濃度が1~3%のハイドロキノンは化粧品などによく配合されていますが、さらに濃度の高いものは医療機関で処方を受ける必要があります。皮膚科やクリニックなどの医療機関では、ドクターが皮膚の状態をしっかりチェックしてくれます。

ハイドロキノンは美白作用が強い成分ですが、皮膚への刺激も強いので正しい方法で使用することが大切です。使用する時には毎日のスキンケアを徹底し、肌の正体を良く保つことがポイントです。すぐには効果が得られないかもしれませんが、使い続けるようにしましょう。

ハイドロキノンは通販できます

肌をキレイにするためにハイドロキノンを購入したいけれど、どのような方法で購入できるのかよく分からないという人もいるかもしれません。この薬は主に皮膚科や美容皮膚科、美容外科といった医療機関で処方してもらえます。医療機関で処方してもらうといっても美容目的の場合、保険は適用されないので注意しましょう。価格は医療機関ごとに異なりますし、診察代などもかかってくることがあります。

濃度が3%以上になると処方箋が必要になってきます。4~5%のものは短期間で美白効果を感じられますが、継続的に使用すると肌トラブルのリスクが高まります。また、5%以上の濃度だと発がん性のリスクもありますし、ドクターの指導のもとに使用することが大切です。

ほかにも通販サイトで購入するという方法もあります。通販サイトでの購入であれば、わざわざ医療機関に行かなくても良いというメリットがあります。自宅にいながら注文することができますし、時間や手間を省くことに繋がるでしょう。また、処方箋が必要ないため、費用を抑えられることもメリットです。

通販サイトといってもいろいろなショップがあります。どこを選んでも良いというわけではありませんし、信頼できるショップを見つけていきましょう。実際に購入した人の口コミを参考にして選んでいくのもおすすめです。

しかし、通販サイトでは安全性の心配もあるため、濃度が4%以上のものは購入しない方が無難です。間違った方法で使用すると、副作用のリスクが高まるので注意しましょう。濃度の高いものを使いたいという場合、医療機関でドクターの処方を受けた方が安心です。