• ホーム
  • ニキビ改善にはアダフェリンで治療開始

ニキビ改善にはアダフェリンで治療開始

2019年09月26日
顔を洗っている女性

ニキビで悩んでいる場合、アダフェリンで治療をしてみると良いでしょう。
アダフェリンはニキビ治療薬の一つです。
ニキビは毛穴に詰まった皮脂や老廃物が原因で発生する症状です。
有効成分が皮脂分泌を抑制してくれますし、アクネ菌の増殖を防ぐことでニキビができにくい肌質に改善してくれます。
新たなニキビの形成や進行を抑える効果があるため、早期に治療を開始するのがおすすめです。
ちなみに、含まれる有効成分がビタミンA誘導体と作用が似ているため、ニキビだけでなくいちご鼻を改善するなどの効果も期待できます。

アダフェリンには毛穴を塞いでいる角質層を薄くすることにより、皮脂を排出しやすくするという効果があります。
そのため角質層が厚くなってしまった場合に効果的です。
早期の毛穴の詰まりやいちご鼻といった症状には効果が実感しやすいでしょう。

アダフェリンを使用する際には、まず肌を清潔な状態にしておくことがポイントです。
しっかり洗顔をしてからタオルで水分をよく拭き取り、適量を塗っていきましょう。
塗るタイミングは就寝前がおすすめです。
ちなみに、強く塗り込むと皮脂分泌が増えてしまい、ニキビを悪化させることもあるので注意が必要です。

朝起きたら洗顔をして薬をしっかり洗い流しましょう。
アダフェリンが肌に残ったまま紫外線に当たってしまうのは良くありません。
副作用が発生しやすくなるため、外出前にきちんと洗顔をすることが大切です。
また、使用できる回数は1日1回のみです。

アダフェリンは早期のニキビの症状を改善するための薬ですが、副作用が発生してしまうこともあります。
主な副作用は肌の乾燥や痒みなどであり、重篤な副作用のリスクはほとんどありません。
しかし、このような副作用はアダフェリンの使用をやめれば治まることがほとんどです。

アダフェリンには適量が決められているため、その量をきちんと守って使用することが大切です。
たくさん使っても効果がアップするわけではないと知っておきましょう。
逆に副作用のリスクが高まるため、適量を守って使用することが重要です。

乾燥などの副作用が発生する理由としては、この薬を使うことで角質層が薄くなり、刺激に対する防御力が低下するということが考えられます。
副作用のリスクを軽減したいという場合、肌の保湿ケアを行ってからアダフェリンを塗るという方法がおすすめです。
潤いのある肌は肌トラブルに対して強くなるため、先に化粧水や乳液などで保湿ケアを行っておくと良いでしょう。