• ホーム
  • 若々しい肌でいるための習慣方法

若々しい肌でいるための習慣方法

2019年12月22日

加齢を止めることはできませんが、適切なエイジングケアを行うことにより、年齢を重ねても若々しい肌を保ちやすくなると言われています。そこで若々しい肌でいるための習慣や方法を確認しておきましょう。

若々しい肌を維持するためにはまず、紫外線対策が重要です。紫外線は一年中降り注いでおり、肌の老化に大きな影響を与えるとされています。老化の原因の6~8割が紫外線と考えられているため、外出の際にはきちんと紫外線対策をすることが重要です。

乾燥も肌の老化を進めてしまう原因の一つです。そこで乾燥を防ぐためにはしっかり水分補給をしていきましょう。顔を洗う時には負担の少ないぬるま湯を使用し、乾燥するまでに化粧水やクリームで水分補給をすることが大切です。また、冬になると空気が乾燥しやすくなるため、加湿器を使ってみても良いでしょう。

若々しい肌のためには化粧水やクリームによる外側からのケアも大切ですが、体の内側からのケアも欠かせません。そこで普段の食生活を見直してみましょう。ビタミンCにはシミやそばかすといったトラブルを改善する効果があります。そのため若々しい肌を保つためには積極的に摂取したい栄養素の一つです。ビタミンCはパプリカや苺などに多く含まれていますが、一度にたくさん摂取しても体内に吸収されないため、こまめに摂取することがポイントです。

リコピンもおすすめの栄養素です。トマトに多く含まれていることが特徴ですが、ビタミンEの100倍以上の抗酸化作用を持っていることが特徴です。また、リコピンには紫外線によるダメージを軽減するといった効果もあるため、若々しい肌を保ちたい人におすすめです。

若々しい肌をキープするためには顔のエクササイズを行うことも大切です。顔のエクササイズを行うことで成長ホルモンの分泌を促進することができます。成長ホルモンにはターンオーバーを促進する効果や潤いを保つ効果、老化を防ぐ効果があると言われています。あまり運動は得意ではないという人もいるかもしれませんが、ちょっとした顔のエクササイズを行うだけでも違いを実感できます。

睡眠も大きな影響を与えます。しかし、睡眠において重要なのは睡眠時間ではなく睡眠の質であり、長く眠っていても睡眠の質が悪かったら意味がありません。睡眠の質を高めるためには、ゆっくり入浴することやストレスを溜めないこと、寝る前にスマートフォンやパソコンを操作しないといったポイントがあります。